カテゴリー別アーカイブ: 育児

将来が心配な娘ですがこのままでいてほしい気もする今日この頃

もうすぐ5年生になる娘は、漢字が苦手です。これまでにも見たことのないような創作漢字から、似ているけれども何だか違うという惜しい間違い、いまだに休と体の区別が怪しいなど、大丈夫か?と思うことが多々ありました。そんな中、先日、宿題をしていた娘が「日照りってどう書くの?」と聞いてきました。日は1日のにち、照るは昭和の昭に点々点々だよと教えると、今度は昭和の昭がわからないと言います。日に刀に口、と教えると「どういうバランス?」もう習った漢字なのに、こんなにヒントを出しても分からないのか!と呆れてしまいました。次は商店街の街は?と聞いてきたので、行くという字の真ん中に土を2つ、2つ目の土はピュッと上げるよ、と伝えて、今度こそすんなり書けるだろうと家事を続けていると、頭を抱えている娘の姿が…。行くという字がまさか分からないの?と思い、プリントを覗くと、なんと、行にんべんの隣に土を横に2つ並べて書いているではありませんか!これも習った漢字である上にテレビを観ていても「街の人にインタビュー」など目に触れることも少なくないはず。普段からあまり読書をしない娘ですが、もうとにかく漫画でも良いから活字に触れさせないと、と切実に思いました。(でも、少女漫画誌を読んでいても告白の告も書けなかったところを見ると極度に記憶力が悪いのか…)

娘は漢字だけでなく、一般常識についてもかなり問題がありそうです。私が資格を取ろうかと資格試験のパンフレットを持って帰ってきた時、「速読」の項目がありました。そばで見ていた娘は「生麦生米生卵…」それは早口言葉!いつも宿題に音読がある娘にとって、読む、という行為は声に出してするものという認識のようなのです。娘に黙読の説明をして、主人と「速読って斜めに読むんだよね」という話をしていると、そのパンフレットを斜めに持って「こう?」と顔も傾けている娘がいました。主人と大笑いして、面白い子だとは思いましたが、もう10歳なのにこんなんで大丈夫だろうかと不安になってきました。勉強はできなくても良いから、どうか悪い人に騙されたりしませんようにと願う日々です。

毎日育児をしながらhuluを見るのが最近の楽しみです

最近は育児に専念して仕事をお休みさせていただき、あまり外にも出なかったのですが、ようやく子育てが少しだけ落ち着いてきたので自分のしたいことが少しだけできるようになりました。
かといって外に出たり、趣味のソーイング道具をひろげる時間もないのでもっぱらhuluで映画を流し続けています。

映画鑑賞はもともと大好きだったのですが最近今まで敬遠していたラブコメディというジャンルをよく見るようになりました。
キューティーブロンド1.2、幸せの始まりは、恋人はゴーストなどリース・ウィザースプーンの作品は彼女がかわいくて見てしまいそこからよく見るようになりました。

ラブアゲイン、ジャックとジル、恋愛だけじゃダメかしら、バチェロレッテなどコメディもよく見ます。
ジャックとジルはすごく面白くて声を出して笑ってしまいましたし、アルパチーノがこういうコメディに出るという想像ができなかったので驚いてしまいました。

また、改めてかっこいい!とときめく俳優さんも見つけることができました。
私だけのハッピーエンディングに出てくるガエルガルシアベルナルは若い医者の役で主人公の恋人を演じているのですがすごくかわいくてキュンキュンしてしまいました。
そういえばバッドエデュケーションの時もかっこいいなぁと思ったけどバベルのときはあまり感じませんでした。
映画の中での役ってすごく大事だと改めて感じました。
またウォールフラワーで主人公を立ち直らせる芸の友人役エズラミラーはすごくセクシーで彼が主演の少年は残酷な弓を射るは見てみたいですし、今度上映するMARVELの彼が主演の映画も楽しみです。

また、古い映画も良く見返すようになりフォレストガンプを見たのですがやはり有名なだけあってものすごく面白かったです。
始まりからワクワクしっぱなしで展開もわかりやすく感動もできて何回見てもいいなぁと思いました。
日本の映画は学校を1.2.3と続けてみましたが西田敏行さんや田中邦衛さん、大竹しのぶさんの演技は鳥肌かたちましたし、私はあまり知らなかったのですが黒田勇樹さんがものすごく演技がうまくて驚いてしまいました。
大竹しのぶさんを見ていると黒い家をもう一度見たくなってしまっているのですが、一応赤ちゃんがいるので変に記憶に残ったらやだなぁと我慢しています。

今ではhuluの新着映画を毎日チェックするのが私の日課になっています。
そして期待を裏切らずどんどん新しい映画が増えていくのでとても嬉しく助かっています。
もう少し子供が大きくなったら一緒にアンパンマンなどのアニメも一緒に見たいなぁと今から楽しみにしています。

子どもの成長についての驚きと寂しさ

先日我が家の次男が小学校に入学しました。
つい最近生まれたばかりの赤ちゃんだと思っていた彼も、ランドセルを背負い長い道のりを歩いて通学しています。
しかし、親としてはまだまだ心配でつい登下校に付いてしまってしまうのです。
息子は息子でそれを嫌がるそぶりもなく、私がいることで安心するようなので、ここ二週間で習慣化してしまいました。
そこで、ふと思ったのです。
二年前の長男の時はどうだったのかなと。

長男は二年前に小学校に入学しました。
現在はギャングエイジと呼ばれる小学三年生。
とにかく友達と一緒に遊ぶのが楽しくてたまらないらしく、毎日帰ってくるとすぐに友達と遊ぶのが日課になっています。
その為、ある程度の距離は自分で自転車で移動し、時計を見て決まった時間には帰宅して宿題と勉強をする毎日。

ついつい長男のそんな姿に慣れてしまっていた私は、毎日五時に帰宅して当然。
自分で宿題を初めて当然。
時間割も明日の用意も出来るのが普通といった意識になってしまっていたことに気づきました。
親として反省です。

そんな長男も二年前は弟君のようだったんですよね。
毎日長男が無事に学校から帰ってくるか心配で、毎日のように途中まで迎えに行ったり、朝登校に付いていったりしていました。
本当何時の間にこんなに成長したのでしょうか。
子どもの成長の早さには驚くばかりです。

男の子ということもあってか、弟の面倒を見るといった概念が全くない長男にイラだったり、悲しく思うことも多々ありましたが、彼も彼なりのペースで成長しているのですよね。
私が見てないところでは、学校の放課時間に弟の教室を覗きに行ったり、外で一緒に遊んでくれたりなかなかお兄ちゃんをしてくれていることも分かりました。

毎日抱っこ紐に入れたり、ベビーカーに乗せて出かけていた日々。
その時は煩わしく、早く一人の時間が欲しいとそれだけを望む日々でした。
でも、今春二人の愛しい息子を小学校に入学させ母は寂しくなりました。

子どもの成長は本来嬉しいもので、新しい友達を家に連れてきてくれるのも嬉しいのです。
でも、少しずつですが着実に自分から離れていく息子たちに寂しさも溢れてきてしまうんですよね。
きっと、どこのお母さんも経験することだとは思うのですが、成長の嬉しさと寂しさは表裏一体。

私も何か自分の熱中できるものを捜さなくてはなと思いつつも、まだ母を鬱陶しく扱わず、懸命に話をしてくれる息子たちを見ていると、もう少しこの子たちのことだけを考える日々を過ごしたいなと思ってしまう母なのでした。
family_ane_otouto

娘も成長したもんだなあ

ある日、娘の小学校が1時半くらいに終わる日がありました。いつもなら私はパートに行っているので学童に行ってもらうのですが、この日はたまたま私の仕事がお休みでした。ですから、娘に学童に行かないでお友達と遊ぶ約束をしてきていいよ、と言って朝学校へ送り出しました。

1時半過ぎに帰ってきた娘、帰ってくるなり「○○ちゃんと××くんと、児童館で遊んでくる!」と言って、ランドセルを放り出し、児童館に遊びに行く準備を始めました。持っていくのは宿題です。うん、宿題、ちゃんとやらないとね。

宿題を持ち、児童館に行く支度をした娘と一緒に自転車に乗り、児童館へ向かいました。娘の小学校では3年生になるまで一人だけで自転車に乗ってはいけないので、娘は自分の自転車に乗っていますが、私も付き添わなくてはいけないのです。

自転車で5,6分のところにある児童館に着きました。まだあまり子供の自転車がなく、本当にお友達は来てるのかな?と心配になりましたが、娘は大丈夫、来るよ!といって、さっさと自転車を停めて児童館に入っていってしまいました。

その帰り道、思うのは娘が大きくなったなぁ、ということです。つい去年、幼稚園のころは自分でお友達と約束するなんてできませんでした。お友達と遊ぶのは親同士が約束をして、お膳立てをして初めて成立していたのです。小学校に入りたてのころも、毎日早く帰って来ては暇を持て余していました。あまりに暇そうだったから、短期の習い事を入れたくらいです。

それが今では自分で学校のお友達に遊ぼう、と声をかけ、一人で遊びに行けるようになりました。なんてまあ、短期間に成長したことでしょう。彼女には彼女だけの世界が広がっていっているのをひしひしと感じました。その世界が彼女にとって実り多いことを祈るだけです。

とりあえず、一番最初に遊ぼう、と声をかけたのが男の子、というところが夫は気になっているようです。まだ心配しなくたっていいじゃん、と私は思うのですが、男親は複雑みたいです。
dance_family