月別アーカイブ: 2018年1月

歯並びの悪さに悩み、矯正治療を行いました

大人になってから矯正治療を行った経験について話したいと思います。
私は今28歳です。矯正治療は約3年前から開始しました。

小さい頃から歯並びが悪くて上の歯も下の歯もガタガタ。八重歯もあり歯の大きさもバラバラです。矯正について相談しにいったときには顎が人より小さく、歯が人より大きいことが歯並びの悪さを起こしていると言われました。

矯正治療の値段は約60万でした。これは人によっても歯科医院によっても違うと思いますが、決して安くはありません。ですが、自分の歯は一生ものなのでそう考えれば無駄な投資ではないと思います。

私の場合まず上下で4本の抜歯を行い、その後ブラケットを接着してそこへワイヤーを通して歯を正しい位置へと戻していきました。
抜歯は麻酔をしてくれるし、痛みはほとんどありません。1、2ヶ月の間、抜いた歯の分だけ隙間があって少し、間抜けな歯並びになります。しかし、大口開けることはそんなにないのでたいして隙間は気になりませんでした。そのうち隙間は綺麗に埋まります。それよりもワイヤーをつけてからがもう痛くて痛くて。1ヶ月毎にワイヤーをつけ直すのですが、その度に歯が動くことによる痛みが出て、何もしてなくてもとても痛みを感じました。ワイヤーを付け替えた当日は痛くて噛むことができず、柔らかいものばかり食べていました。

1年半ほどは痛みとの戦いでした。毎月歯医者へ行くのも面倒になってくるし、食べたいものが食べられないストレスもあります。麺なんか食べるとワイヤーと歯の間に挟まってとても食べにくいです。食べ物が挟まるのは日常茶飯事でしたので憂鬱でした。ワイヤーが邪魔でよく噛めないのです。
そんな大変なワイヤー生活は治療開始から2年たった去年、ようやく終わりました。
下の歯は上の歯に比べてもともとの歯並びがひどく悪かったので、中央の歯の裏に今も短いワイヤーがつけられています。上の歯はリテーナーとなりました。このリテーナーはまだ数年つける必要があるみたいです。現在、食事以外の時間はずっとリテーナーをつけています。

ワイヤー生活の時代と比べたら食事がぐんと楽になり、歯に食べ物が挟まることがほとんどなくなって歯磨きもしやすく快適に過ごせています。不満を言うなら、食べる度にリテーナーを外すのがいちいちめんどくさいことです。これももうしばらくすると寝るときだけの装着でよくなるみたいなので早くそうなって欲しいなと思っています。

治療についての辛い話を長々としましたが、結果的には大変な思いをしても治療して本当に良かったです。
歯並びが綺麗だと笑顔に自信がもてます。治療するまではガタガタな歯が恥ずかしくて自分の写真を見るのがとても嫌でした。そして最大の悩みだったのが顔の丸さやむくみです。歯並びが良くなるまではまさか顔の丸さやむくみの原因が歯並びが悪いことだとは思いもしませんでした。
私の顔のむくみは異常で、何かを食べると顔が腫れていくようにむくむのが鏡を見なくても感覚でわかるくらいだったのです。ダイエットしても顔がパンパンなのは変わらず、病気なのかと思って内科や泌尿器科へ相談しにいったこともあります。しかし原因はわからず。歯科矯正で顔のむくみがなくなるとは全く知らずに治療をしていたのですが、歯並びが良くなるにつれて顔がパンパンに腫れることがなくなったのです。長年悩んできたことが歯の矯正により改善されたのです。
これは本当に驚き嬉しかったです。

私もまだ完全に治療が終わったわけではないし長い年月をかけての治療になるので矯正したくても悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。
しかし、経験してわかりましたが治療によるデメリットよりもメリットの方がはるかに多いです。はじめるなら1日でも早いほうがいいと思います。大変な治療の末に手に入れた綺麗な歯並びは宝物になりますよ。

http://www.wing-ortho.com/

J-wave 「STEP ONE」

最近、家のラジオでJ-waveの電波を拾えることに気が付きました。radikoでは地域外で再生できなく、課金したくはないので聞き逃さないようにがんばって聞いています。
毎週月~木曜の9時から放送中の「STEP ONE」という番組がおススメです。ナビゲーターは外タレとしても活躍中のサッシャさんとミュージシャンの寺岡歩美さん。政治の事とかニュースや働き方に関しての情報番組です。また、選曲される音楽もセンスが良いから車移動するときもずっと聞いています。ドイツ人のサッシャさんが、日本人とは違う価値観を持っていてニュースや話題になっている事に切り込むのは聞いていて面白いです。

4時間の放送の中でも私が一番おススメのコーナーが、「PICKONE」というコーナーです。経済ニュースアプリのNews Picksと連動したコーナーで、毎日一つのニュースに対して詳しく説明してくれる方が登場するという仕組み。働き方とか、経済の事とか、ファッションの専門の事とか、、、結構難しい専門的な内容をプロの方が詳しく分かりやすく解説しているので面白いんです。
このラジオ、会社でBGMとして流した方がいいと思います。革新しようとしてる人・今の日本をきちんと見ている人が出演されるので、年配の方に聞いて欲しい番組だと思っています。特に働き方にフォーカスする日は凄く面白くて、メモを取りながら聞いています。

それで私もそのアプリをダウンロードしてみました。自分が気になったニュースを自分のページに掲載するという、自分流のニュースサイトを作れるような感覚です。そのニュースにコメント出来る仕組みで、色々な価値観を持っている人が見れて勉強になります。
私は何の専門家でも無くそんなに偉い仕事をしている訳では無いのですが、新たな趣味として「経済」が入りそうです。日常で知識を披露する事は無さそうだけど、密かな楽しみとしてしばらく楽しみます。頭良くなった気分がします。

大きな顔写真付きの看板

名古屋市内にある歯科医院ですが、(プライバシーの問題と、書いていいのか分からない為、歯科医院名は避けておきます。)こちらの医院さんはナルシストなのか、意図しての戦略なのか、院長自身の顔写真、しかもアップの写真が看板にドーンと写っているのが特徴的な医院さんです。それがひとつではなく、名古屋市内はもとより、わりと遠方の地区でも同じ様な看板が数多く見られます。
どの看板にも【インプラントは◯◯歯科!】とともに、顔写真が大きくあるので、目立ちますし、インパクトはあります。ただ、私自身が思ったのは、インプラントは高額な治療だと思いますが、そのわりにはあのような看板は若干下品な感じがしてしまいます。
すごく腕のいい先生かもしれないですし、そうだったら申し訳ないのですが、とてもあの看板からは誠実さが伝わってこないですし、通ってみようとは思いません。
インプラントを全面に押し出しているので、そちらがメインでしょうが、他の治療はやってないのかなぁ?って勘違いしてしまう方もおられるのではないでしょうか?

実際に通ったこともないですし、どのような所かもわかりませんが、もし流行ってたら申し訳ないですね。
この記事を書きながらも、逆に他の歯科医院の看板はどのような感じか思い浮かべてましたが、思い浮かばない。もしかしたら私自身も、あの医院の戦略にはまってしまったのかもしれないでね。現に、場所は分かってますし、歯科医院名もバッチリ覚えちゃてます。終いには気になってホームページなんかもチェックしちゃったりしてしまいました。思ったよりしっかりした歯科医院さんでした。
通院しようとは現在は思っていませんが、仮に周りにインプラントを考えている方や、そんな話の話題になった時には残念ながら?話をしてしまうかもしれないですね。

私はマーケティングのプロでもなんでもないので、よく分かりませんが、あれだけ異様な感じの歯科の看板の方が、後々のインパクトがじわじわとくるので、脳裏には残りやすいんでしょうかね?
今、売れてる、うんこドリルもそんな感じなんでしょうか?