月別アーカイブ: 2016年8月

中古機械の買取価格に大きく関わる年式

中古機械の買取では、購入してからの経過時期が大きなポイントになります。基本的には、余り時期が経過していない方が価格は高くなる傾向があるのです。
例えばある中古機械の場合、購入してから3年ほど経過しているとしましょう。それに対して別の機械の場合は、まだ半年ほどしか経過していないとします。ちなみに、どちらも全く同じタイプの機械です。

このような場合は、後者のタイプの中古機械の方が価格は高くなりやすいのですね。その理由の1つは使用感です。
そもそも買い取っている会社というのは、物品が使い込まれているかどうかを重視しています。いかにも中古という雰囲気が感じられる機械などは、やはり相応の価格になる事が多いです。その逆に新品同様の雰囲気の製品などは、中古機械の買取価格も高めになりやすいのですね。商品を実際に手に取る消費者の方々の目線を考えると、その理由が何となく分かると思います。
つまり年式に左右される訳ですね。低年式の中古機械などは、やや価格も低くなる傾向がありますので、査定を受ける時期などは大事なポイントになるでしょう。できるだけ早めに査定を受ける方が、買取価格も期待できるからです。

一般的に中古機械は、10年が一つの目安と言われています。たいていの機械は、耐用年数が10年くらいだからです。それ以上年数が経過すると、使用が少々厳しくなる機会も見られるのですね。もっとも、それも機械次第なのですが。

ですので購入してから9年が経過している機械をお持ちの方々などは、できるだけ早めに査定を受けると良いでしょう。

ホンダのフリードは5人家族に適している車です

私5人家族なので車を選ぶ時に少し悩んでしまう事があります。まず5人家族という事もあって車内空間が広々とした車が必要となります。そのため6~7人乗りの大型のミニバンが適していますが、大型のミニバンは燃費が悪いというデメリットがあるのでガソリン代がかかってしまいます。ガソリン代で多く出費してしまうと今度は生活が苦しくなってしまうので悩みの種になってしまいます。しかし最近私達のような5人家族に適している車を紹介してもらいました。紹介してもらったのはホンダのフリードでコンパクトなミニバンです。

フリードはボディがコンパクトなのですごく運転しやすい車で狭い道路で対抗車が来てもまったく苦になりません。またボディがコンパクトな割には車内空間が広々としているので乗り心地もすごくいいです。それに運転席や助手席と後部座席とのシート感覚がしっかり取られているので一人一人のスペースがしっかり確保されていて長時間乗っていても疲れる事がありません。

フリードは3列シートになっていますが3列目のシートを折りたためば荷室を広くする事が出来ます。そのためフリードは買い物やレジャーで利用する時もすごく便利なので定期的に買い物をしたりレジャーに出かけたりしています。

フリードはコンパクトなミニバンでしかもエコ機能が搭載されているので燃費が良いのも大きな特徴です。リッター15キロ以上走るのでミニバンの中ではトップクラスの燃費の良さです。またECONスイッチのボタンをONにするとエコ運転が出来るようになって無駄なエネルギー消費を防いでくれます。この機能によって低燃費が実現しているというのもあります。

フリードのボディカラーは白と黒が人気のカラーと言われていたので、私は明るい色の方が好きなので白を選ぶ事にしました。白にすると明るいというイメージもありますが車を買取業者に買い取ってもらう時に高く買い取ってくれるらしいのでその点も白にした理由です。
driving_red

愛車の傷を直したい どの業者が安くできる?

車にできてしまった傷を修理したくありませんか?大事に乗っていても一瞬の不注意で愛車に傷をつける事だってあるでしょう。でもこのまましておくよりも修理したいですよね。そこで気になるのがどこに修理を出すのか、費用がいくらぐらいなのかという事です。

・車を修理する
傷の直し方ですがこれは自分で修理するか、業者に依頼する事になります。自分で修理できる人もいるでしょうが、これは詳しい人でないといきなりは難しいでしょう。そこで多くの人はやはり業者に依頼する事になります。ディーラーやカーコンビニ、板金塗装屋などです。これらの中から選択するのが一般的ですが、それぞれで値段にばらつきが出てきます。

・かかる費用はどう違う
かかる費用はどれくらいのなのでしょうか。自分で修理する事ができるのなら一番安くする事が出来ますが、傷が深刻では難しいですよね。傷だけではなくて凹みまである場合もあるでしょう。車にできた傷が軽度ではなくて自分では直すことが難しいケースでの費用ではおおよそはこれくらいかかります。フロントバンパーに擦り傷あり、フロントフェンダーに軽い凹みがある時はディーラーで約8万円くらい、カーコンビニでも同じく8万円くらい、板金塗装屋でおよそ4万5千円くらいです。凹みや割れがあれば板金が必要になります。その相場はサイズにより違いはありますが、5万円から6万円くらいです。それでも板金塗装屋がそれ以下の値段なのは、ディーラーやカーコンビニが修繕費用をパネルあたりで計算しているのに対して、板金屋は面積当たりの計算で値段を出しているからです。したがって安く費用を安く抑えたいなら板金塗装屋を選択すると良いでしょう。

思わぬ失敗で愛車に傷をつけてしまう事もあります。いつも綺麗な状態で乗りたいですよね。ぼろぼろの車ではなんか人目が気になる人もいるでしょう。業者にはそれぞれに良さがあるので自分でも調べて業者を比較検討してどこにするか決めると良いでしょう。一応それぞれの特徴を挙げるならばディーラーは値段が高額になり事が多いですが、サービスは良い所が多いです。時間は長くかかるかもしれません。カーコンビニの場合では値段はそれほど安くはないです。サービスはそこそこです。板金塗装屋のケースでは値段は安く仕上げる事ができます。サービスは良い所と悪いとことがあるので気を付けてください。アフターサービスも店により違います。これらをおおよその参考にしてみましょう。