月別アーカイブ: 2016年7月

絵画のある生活を楽しみましょう

絵画が飾られている家に足を踏み入れたとき、圧倒的な豊かさを感じたことはありませんか。
経済的な豊かさはもちろんですが、お金では買えない心の豊かさを感じるのです。

http://www.the-acs.co.jp/about.html

一言で絵画といっても、様々なジャンルがあります。
誰もが知っている、ピカソ、シャガール、マチス、ロートレックのような、いわゆるオールドマスターと呼ばれる巨匠たちの描いた絵画もあれば、コンポラ(コンテンポラリー)と呼ばれる、現在活躍中の作家たちの描いた絵画もあります。そしてもちろん、趣味で自身が描いた絵画もあるでしょう。

もし今あなたの家に1枚も絵画がなくて、これから何か飾ってみようかなと考えているのであれば、本物の絵画を飾ることをお勧めします。
「本物の」というのは、「1点物の原画」を指しているわけではありません。
コンポラの作品であれば油絵や水彩画のような1点物の原画も入手することができるでしょうが、オールドマスターの原画はなかなか個人レベルで入手することはできません。
美術館で厳重に管理されていますから。
しかしながら、リトグラフやシルクスクリーンのような版画ならどうでしょう。
シャガールは、死ぬ直前まで版画の制作をしていたというほど、版画で作品を残すことに情熱を持っていました。
他の多くの画家たちも、リトグラフをはじめとするたくさんの版画を残しています。つまり、ポスター画などの印刷物ではなく、本物の版画を飾るのです。
版画であれば、絵画展示販売会などで入手が可能です。
数万円から数百万円で販売されていますから、全く手が届かない、というものではありません。

「どうしても家に連れて帰りたい」と思えるほどの絵画に出合えれば、勇気を出して購入してみましょう。
しかし大抵、購入する際には「やめておこうとする理由」が頭に浮かぶものです。
「今はお金がない」「飾る場所がない」などなど…。

「お金がないから買えない」と思い込むのではなく、節約しながら生活してでも飾りたい絵画かどうかを見極めましょう。
「この絵のためにやりくりするなんてバカバカしい」と思うなら、今のあなたにとって、その絵画はさして必要のないものでしょうから購入するべきではありません。
「飾る場所がない」のは、買わない理由になりません。
なぜなら、絵画は床に置くだけでも素晴らしいし、壁にスペースがなければ、イーゼルを使って空間を飾ることもできます。
コレクターなどはむしろ飾らずにしまっておくといいます。
そして時々、お気に入りの作品を出してきては、それを眺めながらお茶を飲むという最高の楽しみ方をするのです。
いずれにしても、家のインテリアを充分考慮したうえで、判断したほうがよいでしょう。

お気に入りの絵画がいつもそばにある生活を是非楽しんでみてください。
絵画が心豊かな人生を送るために欠かせないアイテムであるのは、きっと間違いありません。

カマタマーレ讃岐vsレノファ山口FC

サッカー明治安田生命J2リーグ第23節カマタマーレ讃岐vsレノファ山口FCが香川県Pikaraスタジアムで行われました。後半に入り、J2昇格組ながら8位と上位につけているレノファ山口と、なかなか波に乗れず苦戦しているカマタマーレ讃岐です。前回の対戦は、レノファのホームで行われ、後半に島屋が決勝点を決めレノファ山口が勝利を納めました。巧みなパスサッカーを売りにする攻撃のレノファ山口か?堅実な守備力が持ち味のカマタマーレ讃岐か?楽しみな一戦です。

試合は序盤こそホームのカマタマーレが押し込みますが、徐々にレノファが落ち着き出し、前半12分、レノファの攻撃の起点である庄司からのサイドチェンジから三幸、小池と繋ぎ、最後は前回でも得点を決めた島屋が角度のないところからシュートを決めレノファ山口が先制します。その後、カマタマーレもキーパーと1対1の場面を作ったり、山口が苦手とするコーナーキックなどでチャンスを作りますが、レノファのキーパー一森を中心に集中した守りをみせます。後半も一進一退の戦いをしていましたが、後半21分にレノファの福満のスルーパスに抜け出した三幸をカマタマーレのアランが後ろから倒してしまいレッドカード、退場してしまいます。1人少なくなってしまったカマタマーレは防戦一方となり、後半29分、レノファの岸田のヒールのパスに三幸が抜け出しゴール前でマイナスのパス、これをまたしても島屋が合わせこの日2得点目を決めました。その後は、カマタマーレも何度か攻めてきますがレノファ守備陣を崩すことはできず、2-0でレノファ山口が勝利を納めました。

レノファ山口は持ち前のパスサッカーとキーパー一森を中心とした守備を最後まで貫き、連携面と運動量でカマタマーレを上回っていました。一方敗れたカマタマーレ讃岐はチャンスは作るものの決定機を逃し、後半のアランの退場が大きく響いてしまいました。また細かなミスも多く、ホームの試合で駆けつけたサポーターを喜ばせることは出来ませんでした。
soccer_dribble2