月別アーカイブ: 2016年5月

大根が大好きすぎて困っちゃいます。

大根って美味しいですよね。
子供の頃から大根が大好きで、今では毎日欠かさず大根を使ったお料理が一品は食卓に並びます。

生で食べるなら『大根おろし』が代表的。
焼き魚には無くてはならない存在ですよね。
しらすと合わせれば立派な主役にもなるし、しぐれ煮もさっぱりして美味しいし。
お刺身には『大根のつま』でしょう。
これも無くてはならない存在だと思います。
我が家では大根を薄く短冊状にスライスして、軽く塩揉みしたものをマヨネーズで和えたサラダをよく作ります。
お好みでツナ缶やホタテ缶を加えたり、マスタードや柚子胡椒をちょい足ししたり。

でも私は煮物にするのが一番好きです。
代表的なのは『おでん』ですかね?
大根の入ってない『おでん』なんて『おでん』じゃない!!
『ブリ大根』を最初に作った人にはノーベル賞をあげたくなっちゃいます。
我が家では『ポトフ』や『シチュー』なんかにも大根を入れて作ります。
やっぱり煮物は1日目より2日目の方が味がしみてて美味しい。
特に大根の吸引力はダイソン並みですね。

そして『切り干し大根』も忘れちゃいけません。
昔の人の生活の知恵がギュっと凝縮された美味しいお料理です。
我が家では大根の皮を千切りにして『キンピラ』風に炒めたりもします。
皮の部分に一番栄養があるので、捨てちゃうのはもったいない!!
葉っぱも栄養満点なので、細かく刻んでお味噌汁に入れたり。
他にも挙げたらキリが無いほど、いろいろな調理法があります。

そんな愛してやまない大根ですが、実は外国人は苦手な方が多いんです。(特に欧米諸国の方々)
私の友人に日本在住の外人さんが数人いますが、皆さん口を揃えて「嫌い」と言います。
なんでだろ?
そう思って調べてみたら、大根って世界の90%以上を日本で生産・消費しているらしいんですよ!!
つまり外国ではほとんど大根が無い。
だから食べたことも無い。

そんな国に移住したとしたら、私はとてもじゃないけど生きていけません…。
「日本人で良かったな」と思う今日この頃です。
vegetable

のびのびした環境の新築一戸建て

山あいの二車線道路に面したかなり古い家が取り壊しになっていました。週に3回ほどその道を使いお婆ちゃんのところへ行くのです。大きな家がなくなって段々と更地になり、小道が出来て整備され、一戸建てのスペースが2軒分そして斜め上の方に1軒と建つようです。

大きな敷地だったんだなあと改めて思います。恐らく不動産会社が買って新築一戸建てで売り出す予定なのでしょう。休みの日などは夫婦と小さな子供さんが来ていて、図面を見せながらスーツ姿の男性が説明していました。

注文住宅なのかある程度不動産会社に任せての戸建てなのかわかりませんが、面積から言って3000万円台くらいかあるいはその上のクラスの新築一戸建てなのかと思われます。私の親は70歳くらいで土地を売って新築一戸建てを建てました。

我々の場合、土地は自分のモノで家を買う事になります。メーカーと話をして老後の対応型の家にしているんです。年をとると色々厄介な事が出てくるので、手すりなどを付けたりキッチンも調理しやすい様に作っています。新築一戸建ての住宅はやはり子供さんの数が部屋の数と関係すると思います。

駐車場は普通自動車と軽自動車を入れることの出来るように作るのではないか、と思いながら毎回そばを通ります。山あいの一戸建てであれば、自然に触れ合う機会も増え子供たちに良いと考えこの場所を選ぶのかもしれません。

子供達が中学高校となってくると学校への送り迎えが大変です。しかし私も経験がありますが、案外早く着く事が出来るので大丈夫でしょう。親の方は病院通いが増えないよう病気にならないよう手を打つべきです。将来又新たに引越しを視野に入れているのかも知れません。