歯並びの悪さに悩み、矯正治療を行いました

大人になってから矯正治療を行った経験について話したいと思います。
私は今28歳です。矯正治療は約3年前から開始しました。

小さい頃から歯並びが悪くて上の歯も下の歯もガタガタ。八重歯もあり歯の大きさもバラバラです。矯正について相談しにいったときには顎が人より小さく、歯が人より大きいことが歯並びの悪さを起こしていると言われました。

矯正治療の値段は約60万でした。これは人によっても歯科医院によっても違うと思いますが、決して安くはありません。ですが、自分の歯は一生ものなのでそう考えれば無駄な投資ではないと思います。

私の場合まず上下で4本の抜歯を行い、その後ブラケットを接着してそこへワイヤーを通して歯を正しい位置へと戻していきました。
抜歯は麻酔をしてくれるし、痛みはほとんどありません。1、2ヶ月の間、抜いた歯の分だけ隙間があって少し、間抜けな歯並びになります。しかし、大口開けることはそんなにないのでたいして隙間は気になりませんでした。そのうち隙間は綺麗に埋まります。それよりもワイヤーをつけてからがもう痛くて痛くて。1ヶ月毎にワイヤーをつけ直すのですが、その度に歯が動くことによる痛みが出て、何もしてなくてもとても痛みを感じました。ワイヤーを付け替えた当日は痛くて噛むことができず、柔らかいものばかり食べていました。

1年半ほどは痛みとの戦いでした。毎月歯医者へ行くのも面倒になってくるし、食べたいものが食べられないストレスもあります。麺なんか食べるとワイヤーと歯の間に挟まってとても食べにくいです。食べ物が挟まるのは日常茶飯事でしたので憂鬱でした。ワイヤーが邪魔でよく噛めないのです。
そんな大変なワイヤー生活は治療開始から2年たった去年、ようやく終わりました。
下の歯は上の歯に比べてもともとの歯並びがひどく悪かったので、中央の歯の裏に今も短いワイヤーがつけられています。上の歯はリテーナーとなりました。このリテーナーはまだ数年つける必要があるみたいです。現在、食事以外の時間はずっとリテーナーをつけています。

ワイヤー生活の時代と比べたら食事がぐんと楽になり、歯に食べ物が挟まることがほとんどなくなって歯磨きもしやすく快適に過ごせています。不満を言うなら、食べる度にリテーナーを外すのがいちいちめんどくさいことです。これももうしばらくすると寝るときだけの装着でよくなるみたいなので早くそうなって欲しいなと思っています。

治療についての辛い話を長々としましたが、結果的には大変な思いをしても治療して本当に良かったです。
歯並びが綺麗だと笑顔に自信がもてます。治療するまではガタガタな歯が恥ずかしくて自分の写真を見るのがとても嫌でした。そして最大の悩みだったのが顔の丸さやむくみです。歯並びが良くなるまではまさか顔の丸さやむくみの原因が歯並びが悪いことだとは思いもしませんでした。
私の顔のむくみは異常で、何かを食べると顔が腫れていくようにむくむのが鏡を見なくても感覚でわかるくらいだったのです。ダイエットしても顔がパンパンなのは変わらず、病気なのかと思って内科や泌尿器科へ相談しにいったこともあります。しかし原因はわからず。歯科矯正で顔のむくみがなくなるとは全く知らずに治療をしていたのですが、歯並びが良くなるにつれて顔がパンパンに腫れることがなくなったのです。長年悩んできたことが歯の矯正により改善されたのです。
これは本当に驚き嬉しかったです。

私もまだ完全に治療が終わったわけではないし長い年月をかけての治療になるので矯正したくても悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。
しかし、経験してわかりましたが治療によるデメリットよりもメリットの方がはるかに多いです。はじめるなら1日でも早いほうがいいと思います。大変な治療の末に手に入れた綺麗な歯並びは宝物になりますよ。

http://www.wing-ortho.com/